提案

提案

次の提案は、世界中の災害復興及び防災の先例を基に作成されました。これらのプロジェクトを実施することによって、被災地の住民の皆さんが、お互いに助け合い、思いやり、信頼し、協力し合いながら、ひとつになって活動していけるようお手伝いします。これらのプロジェクトは、日本各地の大学との連携によって進めていきます。その中には2012年の夏に完成予定のものもあれば、着手されるものもあり、さらには計画を立て始めるものまで様々です。

environmental環境維持
この震災は、エネルギーの安定供給にも大きな影響を与えました。持続可能な開発は地域コミュニティにとって最も重要な課題といえるでしょう。小規模なバイオマス施設は、地域住民に起業の機会を提供し、将来の災害への備えや環境保護にもつながっていきます。また、高台への移転に伴い、 森と海との関係を築き直し、安全で維持可能な生活を推進することが必要となります。

tourism
観光
南三陸町において観光業を発展させることは、新しい雇用機会を創出し、地域の歴史的、文化的景観への保全に結び付いていきます。地域住民による活動や地域の資源を利用した商品に注目を集めることで、観光業から地域産業の回復へとつなげていきます。地域の住民が中心になって、この町ならではの漁業体験や林業体験などの活動を提案していきます。

community
コミュニティ
コミュニティ空間は災害に強い地域づくりと効果的な自治組織にとって重要な要素です。資源研究センターを建設することで、地域に情報、技術、支援ネットワークがもたらされ、体験談や資料を収集・展示・保管する場にもなります。このセンターに機動性をもたせることによって、活動する人達が、地域住民に復興活動についての情報を提供し、より広い範囲で復興に向けて議論していくことができます。

economic
経済の活性化
地域経済の活性化は、地域の長期的存続のために必須となります。高台移転のための計画と区画整理は、地域住民と建築や都市計画の専門家達が協力して行っていきます。公共施設の再建は、既存の企業の新たな市場開拓とこれから起業する新しい事業の支援を並行して行われるべきです。期間限定の仮店舗を出店させるなど、新しく創造的なアイディアを生み出すことは、外部からの投資を促し、地域経済に流動性をもたらします。

health
健康/福祉
自然災害は、「地域の精神的健康・身体的健康を守る」という新たな課題を生み出します。例えば、社会的ネットワークの崩壊によって生じた、お年寄りなどの住民の社会的孤立を防ぐことが重要になります。地域が効果的な支援体制を作る上で、住民のニーズを調査することが何よりも大切です。私たちは、地域住民と一緒に、お年寄りにやさしい健康的な町づくりを新たに考案します。